MOKKUN.COM

インターネット業界で起こることを中心にしつつも、たまに取り上げるアナログな手帳・文房具の記事がアクセスの8割を占めるブログです。


コーナン自転車から電動アシスト自転車へ

今、我が家には自転車が2台あります。

1台は子供が1歳になったときに購入したブリヂストンのボーテアシスタ。
最新の電動アシスト自転車です。保育園への送り迎えに活躍してます。



2台目は5年ほど前にコーナンで購入した自転車です。
コーナン号とでもしましょうかね。

1台目の電動アシスト自転車と比較したら可哀想になるくらいボロボロですが、
老骨に鞭打ってがんばってくれてます。

でもそのコーナン号なのですが、最近調子がすこぶる悪いのです。
パンクではないのですが、空気を入れてもすぐに抜けてしまうし、
走ってるとなんだが後輪が歪む感覚がします。

これは??ということで近所の自転車屋で話しをきくと、
どうやら”寿命”とのこと。タイヤに小さな亀裂がたくさん入っているし、
フレームにも歪みがでてきているとのこと(汗)

長年頑張ってもらったので寂しい気持ちもありますが、
このままでは走行中に後輪が取れて事故の可能性もあるかもしれない・・・
(ここ3ヶ月で何度かヒヤリ体験はありました)

ということで2台目チャリの買い替えを始める事に。


数万円の買い物なので、妻に相談したところ、
どうせ買うなら電動でもいいんじゃない?とのお言葉。
大きな買い物の時は結構太っ腹な妻。

我が家には車がないので、お出かけの時は基本自転車。
最近は電動アシスト自転車に乗る妻と息子をコーナン号で必死に追いかける
私を哀れんでのことかもしれませんが・・・

ただし条件がひとつ。

それは『今後2人目ができた時に互いの自転車に乗せて
お出かけできるように子供を乗せられること』
(どうやら車を買う気はゼロのようです)

もっと厳しい条件(小遣補填など)が出てくることを予想していましたので、
そのくらい了解!!ってことで早速ネット等で調査開始。

以下の条件でいくつか候補を出してみました。

<条件>

予算:10万円以内
制限:チャイルドシートが乗せられる
    タイヤ径が45mm以?
    (これ以上だと駐輪場の車輪乗せに乗らない)

——————————————————————————-

候補1:エアロアシスタント+リアチャイルドシート
    ・組み立て納品有り
    ・約100,000円
    ・20型
    ・リアチャイルドシートはHamax似

参考:http://www.cycle-field.com/products/detail.php?product_id=40


候補2:ブリヂストン マリポーサ+Hamax
    ・組み立て納品無し
    ・約130,000円
    ・20型

参考:http://www3.plala.or.jp/kodomonose/situmon.html


候補3:ブリヂストン ベガス+Hamax
    ・組み立て納品有り
    ・約100,000円
    ・20型
    ・タイヤ径が53mm

参考:http://www.novakato.com/SHOP/VG2L30-WKS.html

——————————————————————————-

上記はいづれも小径タイヤの電動自転車。
これにHamax(海外メーカー)のチャイル?シートを
付けてる方がいらっしゃって、カッコよかったので。

この中で最もニーズにマッチするのは「候補3」だったのですが、
タイヤ径が53mmということで駐輪に難があり、候補2の組み立て
納品可能なところを探すことに。


けれどそれがなかなか見つからない。。。

そもそもHamaxの小径車(20インチ位の自転車)への
取り付けは危険なため扱わないor保証を全部外すという
店が多かったんですね。

もちろん取り付け可能なお店もあって、実際に取り付けて
使用されてる方も多くいらっしゃいます。

けどその結果から、自分の中でも安全が第一で、デザインは
2の次じゃないかという気持ちが大きくなってきたためOGKなどの
チャイルドシートを乗せられる自転車で再検討することにしました。


一度かっこいいデザインの自転車を見てしまうとそれ以外の自転車の
デザインになかなか納得はできませんでしたが、そこは先ほどの考え方で、
なんとか以下の自転車に絞り込み。

——————————————————————————-

最終候補:ブリジストン A.C.L+OGKのリアチャイルドシート
     ・組み立て納品あり
     ・95,000程度
     ・27型
     ・タイヤ径は35mm


——————————————————————————-

デザインは2の次といっても、ママチャリにはやはり抵抗感があるため
通勤向けにデザインされたこの自転車を選択。

定価は予算オーバですが、楽天等でお安いところを探して
購入しようと思います。


最後に今回参考にしたサイトをご紹介。

電動アシスト自転車 まとめ @ Wiki – トップページ

まとめWikiです。
細かいスペックまで載っていて非常に参考になりました。

——————————————————————————-

#追記(H22.9.20)

その後調べたところ、どうやらACLに付けられるリアキャリアでは、
OGKのリアチャイルドシートは乗せられないことが判明しました。

現在代替候補をピックアップ中です。

View Comments

近況報告(大阪→和歌山)

またブログの更新頻度が落ちてきてしまいましたね。せっかくポメラ買ったのに・・・・というところですが、プライベートで大きな動きがあったので、そのせいにさせてください^^;

実はこの7月から会社が変わりました。といっても転職したわけでもなくグループ会社間での異動といったところです。6月までは大阪で法人向けのWEBサービスの営業をしてましたが、今度は和歌山で経営企画に携わることになりました。近畿地方の最南。有田みかんや那智の滝、南高梅や徳川御三家、桃鉄でよく台風が止まる新宮などで有名な和歌山です。

個人的には新しい物好きなので変化が早いWEBサービス業界は性にあっていたのですが、次の仕事は全く畑違い。。。ただ、視野は間違いなく広がる(というか広げざるを得ない)ので、いい成長の機会ととらえて頑張りたいですね。住まいは引き続き大阪なのでまずは約2時間かけての通勤に耐性をつけることから。

しかし出身は茨城、大学から東京、就職を期に大阪、そして今回の和歌山とどんどん南西方面に移動しています。このペースでいくと次は鹿児島か沖縄だったりして・・・

View Comments

ポメラDM20を購入しました

image
image
夏のボーナスの先取りでポメラDM20を購入しました。

最近風の噂でとある先輩がポメラを入手したという話を耳にしまして、それがきっかけとなり前々から気になっていたポメラを再度検討→購入に至ったというわけです。


今回ポメラを購入することを決めたのにはXperiaの存在もあります。

Xperiaは様々な情報にアクセスしてインプットを得ることができるとても優れたツールなのですが、ポメラと組み合わせることで、まとまった文章をいろんなところに送ったり、貯めたりすることができる「アウトプットツール」としても真価を発揮できるのではと。

例えばこのブログの投稿や、ちょっとした考えをまとめたいとき、またはメールの下書きなどなど・・・活用シーンは多岐にわたるのではと考えています。


Xperiaとポメラ間のテキストの受け渡しはQRコードを利用します。ポメラDM20は入力したテキストをQRコードでまとめて他のデバイスに渡すことができる機能をもってて、これが購入の大きな決め手となりました。

まさにこのブログはテストを兼ねてポメラで書いているのですが、間違いなくXperiaで書くより早いですし、PCよりも文章を書くことに集中できるような気もします。

1点気になるのはスペースキーの反応がちょっと鈍いことなのですが、これは仕様かそれとも初期不良か(汗

とりあえずの満足度は高いので、時間があれば取り出して、何かテキストを打ち込む習慣ができそうな感じです。


ちなみに写真のポメラDM20は以下の組み合わせ。













着せ替えパネルは”レーシングカーボン”です。

View Comments

WordPress for Androidをためしてみる

image
image
image
放置ぎみになっているブログの更新頻度をあげようかとXperiaから更新する方法を探してたら、公式アプリを発見&インストール。

早速のテスト投稿です。

写真も貼り付けられるようで、なかなか使い勝手よさそうです。

View Comments

Xperiaの節電対策

Xperia2日目です。

タイトルの通り今日はXperiaの節電対策について。

対策のきっかけは今日の朝。昨日電話帳とIMoNiを一通り設定してから床についたので、起きてから「メール来てるかな?」とXperiaに目をやると・・・なんと電池が残り10%以下に(汗)。寝る前に満充電したのにも関わらず・・・

何もしていないのにこの減りようはおかしいだろ。ということで色々と調べてみると、マルチタスクのAndroid端末だからこそ起こりうる問題がありました。


それは「アプリでの定期チェック」です。

昨夜を思い返してみるとほとんどのアプリ(Gmail、IMoNiなど)で定期チェックを有効にし、かつアプリを終了させることもなかったので夜間も頑張りすぎて電池を食ってしまったんですね。特にIMoNiの定期チェック感覚は最短の3分でしたし。

そもそもXperiaは電池の消費が激しいということで上記含めた問題に対しては以下の節電対策をとることにしました。

1. 画面の明るさを手動設定で一番低くする
2. 各アプリの自動更新をIMoNiを除きOFFにする
3. IMoNiは自動更新のタイミングを30分にする
4. GPSは必要なときだけONにする
5. タスク終了アプリをインストールする
  (TaskManagerというアプリをインストールしてみました)


5のタスク終了アプリは端末の動作を軽くするという意味でもインストールして損はないアプリだと思います。今日仕事帰りに立ち寄った梅田イーマのXperiaのショールーム(InfinityGate)のデモ端末にもインストールされていました。


2010-04-02 18.40.31


これで明日の朝はあまり電池が減っていない・・・はず。

View Comments
Rss Feeds